SURFROCK INTERNATIONAL

LIFE LIKE LIQUID SOUNDTRACK ライフ・ライク・リキッド・サウンドトラック

LIFE LIKE LIQUID

ライフ・ライク・リキッド・サウンドトラック

デイブ“ラスタ”ラストビッチ初監督作品『ライフ・ライク・リキッド』のサウンドトラック。2枚組み。

発売日:2007年10月17日発売
品番:PCCY-01853
フォーマット:CD
ディスク枚数:2

価格:3,500円(税抜)

注文する

トラックリスト:DISC 1
1.ゴールデン・オーブ・ウィーバー/Golden Orb Weaver(12:46)
2.サウンド・オブ・ザ・サンシャイン/Sound of the Sunshine(5:30)
3.ハングソロー/Hangsolow(0:33)
4.ハッピネス/Happiness(5:44)
5.ザ・フォールド/The fold(7:15)
6.ザ・タルカイン/The Tarkine(7:51)
7.スプーン・ベンダー/Spoon Bender(10:58)
8.パイレート・ステーション/Pirate Station(4:32)
9.テイル・ドラガー/Tail Dragger(6:47)
10.ラウル・ザ・キャットフィッシュ/Raul the Catfish(8:51)
トラックリスト:DISC 2
1.クリスタル・ウィングド・シップ/Crystal Winged Ship(11:52)
2.トライダル・スフィアーズ/Toraidal Spheres(11:47)
3.カダル/Kadal(10:06)
4.フォスフォレッセンス/Phosphorescence(4:14)
5.グリーン・シー・タートル/Green Sea Turtle(19:45)
6.クラウド・アティアス/Cloud Atias(4:32)

アーティスト情報:ロー・プレッシャー・サウンド・システム(ライフ・ライク・リキッド・バンド)

デイブ“ラスタ”ラストビッチの初監督作品、『ライフ・ライク・リキッド』の為に結成されたバンド。全員がラストビッチの仲間で、サーファーでありミュージシャンである。全員が好きな楽器を持ち寄り、誰ともなく始まる音をきっかけに全てをインプロバイズしていく。そこには楽譜や筋書きは一切なく、プロジェクトをリードするディレクターやプロデューサーさえ居ない。全てはそこに存在する「気」(=エネルギー)が導く結果として曲が完成すると言う。パーカッショニストとして参加するラストビッチの他に、メンバーには日本デビューも果たしたアッシュ・グランワルドを始め, Terepai Richmond (d.i.g., the Whitlams), Tony Hughes (King Tide), James Cox (Groove Dally), Jim Banks, Chris Lane & Stu Fergie (Oka), Colin "Fingers Malone" O'Rielly (The Winnie Coopers), Lawrence Eastland (Sound Foundation),Shannon Sol Carroll and OJ Newcomb (Afro Dizzi Act, Band of Frequencies)と言った豪華なラインナップで構成されている。

Back to Page Top