SURFROCK INTERNATIONAL

WENDY DARLING

WENDY DARLING

WENDY DARLING

【MEMBER】

コリー・ラッシュ (Vo)
ネイト・ヘラー (G/Vo)
ジョン・フリーマン (B/Synthesizer)
ヘクター・ヴァードゴ (Dr/Piano)

【BIOGRAPHY】

ウェンディ・ダーリンとはカリフォルニア、サンディエゴで生まれた4ピースのインディ・ロック・バンドの名前。(ウェンディと言う女性の名前ではありません)男3人のバック・バンドにコリーと言う女性がフロントでソウルフルなボーカルを聴かせるのが特徴。元々はコリー・ラッシュ(ボーカル)とネイト・ヘラー(ギター、ボーカル)がアコースティック・スタイルのデュオとして活動しており、当時、曲を沢山書き溜めていた。作った曲の多くがサウンド的によりリッチなバンド・スタイルを必要とし、メンバーを探し始める。そこにベースとシンセサイザーを操るジョン・フリーマンが加わり、その後ドラムとピアノを担当するヘクター・ヴァードゴがジョイントした。4ピース・バンドとなったウェンディ・ダーリンは活動を活発化させ、レコーディングとアメリカでのツアーに明け暮れた。

ウェンディ・ダーリンはバンドとして日々進化を遂げ、サウンドにバンジョーやグロッケンシュピール(鉄琴)、アコーディオンやサンプリングを駆使することによって独自のサウンド世界観をスタイルを演出することに成功した。そう言ったサウンドの幅は結果、コリーの力強いボーカルをより際立たせることになった。インディ・ロック、ソウル、フォーク、ジャズ、エレクトロニカ、そしてビンテージ・サイケデリックを融合させた、次世代ロックとも呼べるエキサイティングなスタイルとサウンドを確立したウェンディ・ダーリン。そして何より、“サイケデリック・シンデレラ”こと、ウェンデイ・ダーリンの美人フロント・“ウーマン”、コリーは慎重180pの大迫力。ミステリアスなボーカルは、久々の本格派ロック・シンガーと言えよう。

ウェンディ・ダーリンはインディ・フォーク・ロックのニューカマーとして、米インディ・シーンで今、大注目されているバンドです。

 

【LINKS】

http://www.myspace.com/wendydarlingrock

http://wendydarlingband.com/

【DISCOGRAPHY】

PROTECT TOUR OWN
『...HARF TOLD BEDTIME STORIES』
ハーフ・トールド・ベッドタイム・ストーリーズ
CD INFO
Back to Page Top