SURFROCK INTERNATIONAL

【MEMBER】

Nick Saxon

【BIOGRAPHY】

ニック・サクソン

サーフィン、旅、音楽が大好きで、2010年8月にシドニーで行われた、ライブ会場でナショナル・ジオグラフィックのパーソナリティにならないかとスカウトされる。その後、ナショナル・ジオグラフィックチャンネルの番組「ワールド・トラベラー」の顔としてテレビに登場するようになる。ギ ターと歌詞ノートと共に世界中を旅し、パーソナルに各国の人々と触れ合う 番組で、既にパプアニューギニア、クリスマス・アイランド、ペルー、エクア ドル、 ガラパゴス諸島、韓国、マレーシア、北米など多くの国を訪れている。

音楽は幼少の頃から、ギター、ドラム、ユーフォニアムや他の楽器を演奏し続けている。2004年から2006年、彼のデビュー・アルバム『ファイアーフライズ』のプロモーションの為に、ヨーロッパの各国を回りライブ活動を行い、着々と海外でのキャリアを積んで行く。2009年に仕事を辞め、本格的に音楽活動一筋でやって行く決意をし、2010年にセカンド・アルバム『ハイド&シーク』をリリース。この作品は全ての楽曲をニックが作詞、 作曲、演奏、そしてセルフプロデュース。自主リリースにも関わらず、シングル曲は全豪ラジオ局である、”トリプルJ”や”ABC”、そしてイギリスのラジオ局でのエアプレイを獲得する。4週間に渡る全米ツアーも行われた。同年のオーストラ リア・サーフ・ムービー・フェスティバルのツアーではニックのみがオフィシャル・ミュージシャンとして選ばれ、全豪30箇所で大衆を前にライブを行った。2009年から今に至るまでに、バイロン・ブルー ス・フェスティバ ル、ピーツ、リッジ、フェスティバル・オブ・サン、シド ニー・ブルース& ルーツ他、オーストラリア有数のフェスにも多く出演し続けている。影響を 受けたアーティストはKeb Mo, Katchafire, Raul Midonなど。レゲエ、アコースティック、ロック、フォークなど要素を織り込み、旅人、 サーファー であるニックの世界観が表現されたアルバム。 2012年夏に初となる来日ツアーも予定し、さらなる飛躍の年となりそうな注目のアーティスト。

【LINKS】

http://www.nicksaxon.com/


【DISCOGRAPHY】

『Hide & Seek』
ハイド&シーク

CD INFO
Back to Page Top