SURFROCK INTERNATIONAL

BEDOUIN SOUNDCLASH

ヘイリー・セールズ

【MEMBER】

KYM CAMPBELL

【BIOGRAPHY】

サーフボードを片手に、もう片手にはギターを持ち、オーストラリアの壮大な大地と海辺の風を受けな がら音の波を創り続けているキム・キャンベル。彼女が作曲し、パフォーマンスする音楽とは、フォーク、 ルーツ、レゲエと言ったジャンルの音をミックスし、アコギ、ウクレレ、ハーモニカとタイトなリズムで仕上 げたオーガニックでレイドバックなサウンド。
ワシントン州シアトル出身のキムが音楽に興味を持ち始めたのは彼女が大学在学中。ベン・ハーパーの ライヴ・パフォーマンスに衝撃を受け、音楽を学ぶようになる。2001年にシアトルから交換留学生として、初 めてオーストラリアを訪れ、美しい海や暖かい太陽のある生活、そしてサーフカルチャーに出会う。真剣に音 楽活動を始めたのは、2004年オーストラリアへ移住してからの事。サーファーとして、ミュージシャンとして の生活の始まりは少々遅かったが、その生活は全てが自然であり彼女にフィットし、彼女はオーストラリア永 住を決意する。
2008年に入り、キムの音楽活動は急展開を迎え、Top 10 music OZ Awardでベスト・シンガーソングラ イターのファイナリストとなり、彼女が大学在住中にレコーディングしたデビューEP「So Alive」内の3曲が 審査員から大絶賛される。これをきっかけに、このEPからの楽曲が多くのサーフDVDや2009年フランスで行わ れたQuicksilver Proなどのイベントで使われるようになる。さらにはMedici Studioとのレーベル契約も決ま り、日本進出へのきっかけとつかむ事となる。オーストラリアのフェスへの出演も年々増えて来ており、”ザ・ ヌーサ・サーフィン・フェスティバルやブルース・オン・ブロードビーチにも出演している。また、大人気 ビューティフル・ガールズやアッシュ・グランワルドとステージを共にするなど、彼女の音楽がオーストラリ アの音楽業界から認められ、結果、オーストラリア各地のラジオでも曲がかかるようになる。
2010年に完成したEP『Preview』の輸入盤が日本のレコード店でも話題となり、日本デビュー前にもか かわらず、2010年秋にオーストラリア政府関連のイベント”サウンズ・オーストラリア”に招待され、初来日も 果たしている。デビュー・アルバムとなる『リアル・ライフ』が2011年5月にリリースされる、サーフロック界 で最も注目される女性新人シンガーソングライターである。この作品のプロデューサーは日本でも大人気を博 したのデュオ、ザ・ベオニカズのプロデューサーでもあるMichael Stangel。2011年5月行われるGreenroom Festival 2011への出演も決定!

【PHOTOS】

【LINKS】

http://www.kymcampbell.com/


【DISCOGRAPHY】

『PREVIEW』
プレビュー
CD INFO
『REAL LIFE』
リアル・ライフ
CD INFO
 
Back to Page Top